上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
※愚痴です。長いです。


昨日、語学学校からテストの日程がSMSで送られてきた。
そこには、私が思っていた時間とは違う時間が書かれてあった。
(通常、①聞き取り-②読解-③書き取りの順番でテストがある。だから普通は8:30から始まる)

私は以前、旧クラスのH先生から「①聞き取り、②読解は合格した」と聞かされていた。
本当に受かっているのか、それを3度も確認した。
その度に先生Hは、Ja(Yes)と言っていた。
ということはつまり、残りは3番目に行われる書き取りのテストに来れば良いので、時間は8:30ではなくもっと遅い時間になるはずだ。
なのに、SMSには、スタートが8:30と書いてあった。

なんで!?

とにかく聞いてみなければ!

今日、授業があったので、オフィスに行って聞いてみた。
すると、「②読解と③書き取りが合格してるよ。君は①聞き取りだけ不合格だよ」と言われた。
実際に、パソコンでも結果を見させてもらった。
確かにそう書いてあった。

つまり、テストが8:30スタートになってる意味は、①の聞き取りを再度チャレンジしなくてはいけないので、この時間が書かれていただけのこと。


私は、このしっかりしていないシステムには腹はたっていない。

では、誰に不信感を抱いたか?

それは、旧クラスのH先生に対して。

このH先生には前々からモヤモヤしていた。
それが今日、不信感と判明した。

以前、私が感じていたことはこう。
①私が日本に旅行に行くから学校には来ない、ということを話した。
 →それに対して、H先生は、「OK」の一言だけ。
  2,3回伝えたけど、フレンドリーな会話は無く、一言で会話が終わる。

②授業でわからないことがあると、授業後に聞く。
 →回答の一言だけで会話が終了。

③私が質問した内容を他の生徒に意見を聞いている。
 →●●のことをどう思いますか?と聞いたら、「det kommer an på(ものによる/次第)」とだけ答えられ、その質問を他の生徒に振って私との会話は終了していた。

この時は、こう思っていた。
男の先生だから、ざっくばらんで女の先生みたいに丁寧に説明してくれないんだろうな。
私がデンマーク語を上手に話せないから会話が続かないんだろうな。
でも、よく見ると、他の生徒(デンマーク語をペラペラ話す)とは、質問後でも何かの話題があった時でも続けて会話をしている。


そして、クラス替えのこともそう。
私が今のクラスに変わったわけは、低いレベルに移ったから。
H先生のクラスはレベルが高かった。
H先生から言われたもんね。「mon mooiはDansk2のレベルに行った方がいい、考えてみなさい」と。
いやいや、Dansk3は貫きますよ。
その経緯は、、、、ちょっと長くなるので省きます。

旧クラスで浮いてた(レベルが低いと感じた)生徒は、私とあと2人。
それは私も感じていた。わかっていた。
H先生は他の人にも低いレベルに行きなさいと促していた。
結局、生徒と先生とオフィスの話し合いで、3人とも少し低いレベル(Dansk3のまま)のクラスに移った。
それが今のクラスP先生。

恐らくH先生はハイレベルの生徒だけ受け入れるのだろう。
それ以下の生徒はお手上げ、興味ナイんだろう。
と私は分析した。

私のH先生に対する不信感。
それは、私のテストの結果を間違って伝えていたこと。
私は何度も確認した。でもよく考えると先生はパソコン(結果が見れる)を見せてくれたことは無かった。
いつも口頭でJa、とだけ言っていた。
それにクラス替えをする原因となった経緯のことも不信感を抱いた原因の一つ。
長くなるので書いて無いけど。

ハイレベルの生徒だけ囲んで、今はクラスがスムーズに会話できるかもしれないけど、テスト結果だけは大事だからさ。
そこんところは、よろしくお願いしますよ。

でも、今のP先生になってからは優しい先生で私のレベルに合っている。
移ってよかった。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2
テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
web拍手 by FC2