FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
Julekalender=クリスマスカレンダー

と言えば、こんな感じで、12月1日~24日まで毎日1つずつ開けるのが楽しみな小さなプレゼント付きのカレンダーが思いつく。

これはドイツからの風習らしい。


でも、デンマーク独自のJulekalenderと言えば、テレビでやるJulekalender(Årets julekalender)らしい。
12月1日から24日まで(のはず)毎日放送される。
今年は5作品が各テレビ局でやっているのかな。

最初は語学学校の宿題として、DRで放送されている「Den Anden Verden」の第1話を見たんだけど、これがなかなか面白い。
今では毎日欠かさず見ている。
1回放送分は22~25分くらいの短編ドラマ。
19時半からの放送を見逃してもインターネットで見られる。
しかもインターネットでは過去放送分も見られる。

でもどうやら日本ではこのDRのインターネットが見られないみたい。
(日本のGyaoがこっちで(海外で)見られないのと同じ理由なのかな~)


「Den Anden Verden」
双子の女の子(15歳設定)、SaraとAnnaが主役。
Saraは夢の中の別世界に行っておとぎ話の主人公になり体験する。
現実の世界では、劇団の子供たちがおとぎ話の演技をする。
SaraはJanusと言う男の子を好きだった。でも彼には彼女がいた。
告白するも撃沈。
ある日、ひょんなことから夢の中の別世界に行けるようになり、そこで会う王子様にときめく。
(王子様、超ステキ!カッコいい!と言っている)
最初の話は白雪姫。
次の話はシンデレラ。←今ここ。

面白いのが、このSaraという女の子。
Janusが好きなのに、王子様に会いたいがために夢の中へ行く。
現実の世界でJanusは彼女と別れてしまい、彼にとってAnnaが近い存在になっている。
でもSaraはAnnaに忠告する。
「まだ私はJanusが好きだから彼と付き合ったりしないでね」
そう言って、夢の中へ王子様へ会いに行く。
シンデレラの話の中ではSaraは王子様と結婚する段階になっていて、現実世界ではAnnaはJanusと付き合いたいことをSaraに承諾してもらおうとするも、SaraはまだJanusを忘れられないと言う。

な~んて自分勝手な女の子。
まあ、ドラマだからね、だから面白いのかも。
毎日、楽しみだ~。
会話が日常で使うものなので、学校では習わない言葉使いばかり。
今はグーグル翻訳使いながら見てるけど、いずれ復習して使いこなせるようになりたいな。


もう一つ、子供と一緒に見ている「Nissebanden i Grønland」
これは古いドラマらしいんだけど、私にとっては初めてなので子供と一緒に時々見ている。
夕食を作りながらなので話を全部見ているわけれはないけど、昨日衝撃シーンがあった!
グリーンランド人がアザラシをさばくシーン!
デンマーク人にとってもアザラシをさばくのを見るのは慣れていないようだった。
うう、気持ち悪い、と思いつつ、全部見てしまった私。
途中から、マグロの解体みたいだと思ってしまったよ。
(ちなみにアザラシ解体は11話の8:45くらいからスタートしてます)

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
web拍手 by FC2