FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
月曜日、Bebeちゃんのお誕生日会をした。
Børnehavenのクラスのお友達約20人を Fælleshus(賃貸会社の公共施設)を招待した。
Børnehavenから歩いて約5分のところ。(家からも同じくらいの距離)

誕生日会は、「疲れた」の一言。
前日はBebeちゃんたちが寝静まってからまずはCopainがFælleshusに行き、荷物を運んでくれてテーブルも並べてくれた。
Copainが帰ってきてそれから今度は私が出かけて飾り付けをした。
風船を膨らませたり、壁にメッセージカードを貼ったり、約1時間半かかった。
20161106_222809a.jpg
終わって家に帰って寝たのが23時くらい。

翌朝は普段通りに起きてBebeちゃんたちをBørnehavenに送り、8時半にCopainママが来て一緒にFælleshusに行って会場の仕上げをした。

Copainママにはテーブルセッティングや壁のデコレーションをお願いした。
私はキティちゃんケーキのデコレーションをするため生クリームホイップ作り。
途中、生クリームが足りないか!?とあせったり、チョコレートを溶かしてたら焦がしてしまったり間に合うかドキドキしたけど、なんとか間に合った。
(記録:生クリーム3本=ケーキ2つ)
20161107_094332a.jpg


10時前に3人の先生が引率して子供たちを一緒に歩いてきた。
玄関に入ると、冬用の外着を脱ぐため子供たちがワラワラと群がって「私の帽子!」「手袋はどうするの!?」「これ、私の外着~!」などと大きな声で叫んで、私はバタバタしながらハンガーにかけてあげたり、手袋や帽子は外着のポケットに入れてあげたりした。
P1030229a.jpg

遊び道具を少し用意していたので、中に入ると子供たちはそれで遊び始めた。
ジムのボールも用意してたけど、テーブルに跳ねるからやめたほうがよかった。
P1030233a.jpg

それから私はデザートの用意をしたり、ピザを焼いたり、写真やビデオを撮ったりしていた。

ピザを焼いている間、子供たちは誕生日の歌を歌い、先生が用意したプレゼントをBebeちゃんに渡していた。
P1030234a.jpg
見えるかな?ビフォーアフター。
遊んだ後には、4の風船が割れてしまってる。
ま、いいけどね~。子供だし。

P1030250a.jpg
結局、メニューはケーキ・ピザ・ヨーグルトにして他にフルーツを加えた。
(記録:オレンジジュース3本、サフト1本)

Bebeちゃんはとても嬉しそう。
お友達も楽しそう。
皆、ケーキやピザを美味しいと食べていて私も嬉しかった。
でも、一つだけミスをした。
ピザにソーセージを入れてしまったこと。

デンマークは移民が多く、幼稚園にもその子供たちがいる。
宗教上の理由で豚肉が食べられない。
食べている途中で、先生が聞いてきた。
「このソーセージは豚肉?」
最初なぜ聞いてくるのか分からなかったけど、数秒後、ハッとした。

食事も終わり皆が帰り支度を始め、BebeちゃんはBørnehavenに戻りたくないと言い出し、このまま私とCopainママと残って片付けをすることになった。
帰る際には、私が作った折り紙たちをあげた。(簡単な犬とか鳥とか)
子供たちは料理もパーティーも折り紙も喜んでくれたようで、私も一安心。
20161107_120237a.jpg
防寒着を着てBørnehavenに帰っているところ。

この後、片付けて掃除をして、、、本当に疲れた。
来年は5歳。
また「みんな、私の誕生日に来るの!」とか言うのかな。
正直、やめてほしいな。。。


追記:豚肉問題について
ランチをした誕生日パーティー。家に帰ってゆっくりしているとBørnehavenからのお知らせメールが鳴った。
(Børnehavenからのお知らせが届くインターネットシステムがあって、SMSでメッセージが届く。例えば、明日はおもちゃの日なのでおもちゃ持ってきてください、とか)
そこに、いくつかのお知らせが書かれてあった。
まずは、ようこそMちゃん!のお知らせ(11月からBørnehavenスタートしたばかり。)
次に、今度の金曜日におばあちゃんやおじいちゃんと一緒にクリスマスの飾りを作りましょう、というお知らせ。
そして、次の3行に
「Børnehavenには豚肉を食べてはいけない人がいます。なので誕生日会に招待するときは念頭においてください」と書かれてあった。

が~ん!私のことだよ。

今までお誕生日会があったけど、何もこういうことは言われなかったから私だけ豚肉を出しちゃったんだろうな。
あ~落ち込む。
でもね、事前に料理を考えてて先生に相談してたとき、ピザでいいですか?って聞いたら良いって言ったんだもん。
豚肉のことは何も言ってないもん。

これが日本だったらアレルギー問題とかで親から訴えられるかもしれないなーと考えてしまった。
たくさんの子供を食事に招待するのは怖いわ~。

翌日、語学学校でこの話をすると、
チェコの人は「たぶん後から子供が言うことで発覚するのを予防してお知らせしたんじゃない?」と言うし、
ポーランド人には大笑いされ、面白い!と言われ、
シリア人とイラン人(同じく豚肉食べない)には「仕方ない、でも親が怒るかもしれない」と言われ、慰められた。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
テーマ:子育て
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
web拍手 by FC2