上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
今週は秋休み。
語学学校は休みだけど、BebeちゃんたちはBørnehavenへ連れていって私は一人自由時間。
でもなんとなく自由な時間が無いと感じる水曜日。
月曜日は、Røde KorsでFrivilligをして、
火曜日は、パンを焼いて宿題をしてたらBørnehavenから「Bubuちゃんが体調悪い」とお呼び出しがかかり迎えに行って、
水曜日は、今日。美容院へ行く、
木曜日は、Bebeちゃんの誕生日パーティーの飾りつけを作る予定、
金曜日は、Copainも休みで二人でまったり過ごす予定。

天気が秋らしく雨&風&曇りが続いて、気圧の変化のせいか頭痛がする。
この時期がデンマークで一番嫌かもね。

と前置きが長くなったけど、前回、書きたかったことを思い出した「SUSHI」のこと。
語学学校の友達との話なので、カテゴリを「語学学校」にした。

※これは私の経験上なのでデンマークの他の土地に住んでたり、デン在住歴が長い人の場合、このケースには当てはまらないこともあると思います。

語学学校の人たちは、私が日本人だとわかると、たいていが「SUSHI!」と言う。
「mon mooiはSUSHI食べる?SUSHI作って。SUSHI今度持ってきて。」など聞いてきたりお願いしたりする。

SUSHIと言う言葉を知っているのはありがたいが、日本人はいつも寿司を作るとは限らない。
しかも私はデンマークに来ておいしい海苔をまだ見つけていない。
手巻き寿司や海苔巻きを作っても海苔が湿っていて噛みきれない。
子供たちはその海苔は嫌いで食べられない。
それに酢飯が好きじゃなくてちらし寿司も嫌い。
だから家で食べる海苔は味付け海苔。日本から持って帰ってきたもの。

語学学校へ通っていて1年後?2年後?最近わかったことがある。
皆が言ってる「SUSHI」のことは「握り寿司」であり、日本人は皆家で握り寿司を作れると思っていること。
あ、海苔巻きのことを言ってるときもある。

これは声を大にして言いたい。

日本では握り寿司はお店(スーパーなど)か寿司店(回転寿司店など)で食べるの!

家では握り寿司はしないの!

家で作る寿司は、ちらし寿司か手巻き寿司か海苔巻き!


※あくまでも私の考えです。違うと思う人もいるかもしれません。


タイ人のクラスメイトと寿司の話になったときのこと。
友達「SUSHI好きなのよ。作って~。」
私「SUSHIは海苔が美味しくないから家では作らないよ。」
友達「え~!じゃあ酢飯の作り方教えて。」
私「(う~ん、私あまり作らないからな~)じゃあ、このミツカンのHPの酢飯の割合と作り方が良いと思うよ」
と教えた。
そこから寿司の話になり、なんだか話の中で違和感を覚えていった。

そこで、スマホでちらし寿司と手巻き寿司を画像で見せたところ、
友達「何これ?おいしそう!」
私「寿司だよ。」
友達「え?違うよ!」
私「違わないよ。日本では家で作る寿司はこれだよ。」
友達「えーー!」

ベトナムやラトビアやシリアの人にも画像を見せたら、(ちらし寿司が)初めて見た寿司だという。

そう、海外にあるSUSHI店ではだいたいが握り寿司か海苔巻き、あと手巻き寿司が置いてあるよね。
家で作るちらし寿司は置いてないかもね。

本当は海苔がおいしいなら、手巻き寿司を家で作っても良いんだけど、美味しい海苔がないし、中身の具選びが難しい。
サーモンは私は吐いてしまうし、エビは高いし、ツナ(マグロ)はあまり手に入らないし、イクラみたいなものも高いし。
アジアンフードショップで手に入るカニかまや海苔、米酢、メインの米は通常高いし。

こう書いていると別に寿司を作らなくてもいいって思ってくる。
子供たちも食べないし、海苔が美味しくないし、高いし。
この材料費にお金を費やすんだったら、日本帰国の際に回転寿司で思う存分食べた方が安いし美味しい。


あー、どこかでパリパリした手巻き用の海苔が手に入れば、少しくらいは友達に作れるけど。
(日本人の知り合いは手巻き寿司をデンマーク人の友達にご馳走したって聞いた。今度海苔を買った店を教えてもらおう)


日本に来る外国人はこういったケースは無いと思うけど、自分が海外に行って外国人と話す機会にSUSHIの話題になったら要注意かも。
「SUSHI食べたい!」と言われても、酢飯が嫌いな人もいるし、海苔が嫌いな人もいるし、海苔巻き半分に醤油を漬けるくらいの誤解してる人もいるし、食べる前&作る前には確認したほうがいいかもね。

ちなみにCopainママは海苔が嫌いだった。語学学校の先生の家族は酢飯が嫌いだそう。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
スシ
そうなんですね。
たしかに、お寿司の典型といえば握りという感じ(お寿司屋に行ったら一番食べるもの)で、巻き寿司もあるけど、ちらし寿司は外国のかたは見たことも聞いたこともなさそうですね。
私も外国に行ったとき、あちらでお世話になった方々にちらし寿司を作ったことがありましたが、今思えばsushiだとは認識されていなかったのでしょう…

アジアンフードが買えるところに行けばそれなりにあるのかもしれないですが、それにしても寿司って、日本米、パリッとした焼き海苔、わさび、お酢、と日本の外ではちゃんとしたものが手に入りにくそうなものでできているんですね(^_^;)
それなのに外国からみれば日本=寿司になっているという…

魚って、デンマークではお刺身にできるようなものも手に入るんでしょうか?
私は彼があまり魚を食べないし、いつも行くのが冬だから(??)か、お店で新鮮な魚を売っているのを見たことがありません。
2016/10/23(Sun) 11:30 | URL | Komnu | 【編集
Re: Komnuさん
そうそう、日本以外では手に入りにくい材料で作られている寿司。
でも皆に知られている寿司。不思議ですよね。
ケパブもこれに当てはまるかもしれません。日本でケパブは知られているけれど、実際はいろんな種類のケパブがあるらしいです。(トルコ人のクラスメイトが言ってました)

チラシ寿司、作ったんですね。すごいなー!
喜んでくれたなら良かったですね。

デンマークの魚は、スーパーは生も少し売ってますが、ほとんどがサーモン、タラ、ひらめ(かれい)、さば、の冷凍ですね。
うちの地域だと、移動販売の車の魚屋さんがいます。
そこだと、生の魚やすり身が売られていますが、とても高いです。買ったことないです(^^;)
あ、SUSHIの移動販売車も最近出来ました。買ったことないですが良いニオイでした。(^^)


2016/10/24(Mon) 04:45 | URL | mon mooi | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
web拍手 by FC2