上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
デンマークは秋に入ったみたい。
秋独特の嵐のような風が吹き始めたし、日没も早く夜明けが7時前くらいになってきた。
気温は時々は20度になるけれど15度くらいが多くなってる。

秋になったら、というか夏が終わる9月頃にやらなければならないことがあった。
それは、庭のイチゴの植え替えと水仙など球根たちの植え付け。
6月頃に咲き終わった水仙たちを掘り起こして球根をネットに入れて軒下に下げていた。

今日は語学学校が休み。
来週は予定があって私の休みはつぶれてしまうので、どうしても今日庭の手入れをしたかった。
でも天気予報は雨。
午前中の数時間だけ雨みたいだから、BebeちゃんたちをBørnehavenに送ったら雨が降る前に早速開始。

今年のイチゴちゃんたちはお世話になった。
とても甘く、大きめなイチゴが出来た。
世話をせず、放置状態でこの出来具合ならパーフェクトと言えるぐらい!
もちろん虫に食べられたこともあったけど。
来年もたくさん出来ますように、と願いをこめて植え替えしよー。

でも億劫なのが、このクモの巣のようなイチゴの株ちゃんたち。
ランナーが伸びに伸びて収拾がつかない。
20160929_085512a.jpg 

中には本当にクモの巣あるよ。
20160929_085520a.jpg

私は庭いじりや栽培に関しては初心者なので、インターネットでどうやって植え替えたらいいか調べていた。
ランナーって言葉も初めて知った。
でも、納得(簡単に理解できる)するものが見つからず、自分流にまとめた。


母親から、「イチゴは親株を”太郎さん”、そこから伸びた茎から出た根のところが”次郎さん”って言うんだよ。太郎さんは役目が終わったから次郎さんを次の世代に受け継いで増やしていくの。だから長い茎が出てて根が少し生えてたら土に近づけて育てるのよ。」と聞いていた。
適当に伸びた茎を土近づけて、そのまま放っておいたら、上の写真の状態。
良いんだか、悪いんだか。。。

どうせ、球根も植えるし、植え付ける場所を変えるから全部抜いてしまえ!

と思い切って全部根っこから取った。
20160929_090705a.jpg
絡まって絡まってパズルみたい。

太郎さんを探して、そこから出てる次郎さん、三郎さんを見つけて、、、、って面倒くさいわ!
最初の2,3株くらいはパズルが解けたけど、もうその後はパズルが解けず。
太郎さんらしき株を見つけてランナーを切って次郎さんらしき株を取り分けた。

右の大き目なのが太郎さん。
20160929_091520a.jpg

そこから出てる1番目(次郎さん)、2番目、3番目くらいまでが次回の植え付けに良いらしい。
20160929_091431a.jpg

花壇が狭いし、次回もたくさん出来る(はず)んだから、と思い切って太郎さんは捨て、4番目くらいの四朗さんたちも捨てた。
目安は根っこが上手く出来ているかどうか。
自己判断だけど、根っこが生えてれば花壇の植え付けにいいかなーと。
次郎さん~三郎さんたちがたくさんあり過ぎてこれでもか!ってくらい四朗さんたちを捨てたよ。

イチゴちゃんたちを全部抜いた後。
20160929_090659a.jpg
奥の方に見える葉っぱはクリスマスローズらしい。まだ花が咲いて無い1年物なので今年くらいに咲くかなー。

花壇の後ろ壁側に次郎さんたちを植えた。
20160929_111411a.jpg
前側には水仙などの球根を植えた。

なんでイチゴが壁側なのかというと、株を掘り起こしていたときに壁際の方が抜きやすかった、ということと、前には芝生が生えているので芝生の上にランナーが来ては困るかなーと思ったから。

この花壇は水仙とイチゴの場所。
以前は水仙もイチゴもバラバラに植えられていて、咲いたときの見た目があまり良いのもではなかった。
(植えたのはCopainママ。シー!
希望としてはチューリップも植えたいんだよね~。

雨が降ってきたので作業は一時中断。
水をやる手間が無くなったね。
あとは、種類の違う球根たち(水仙なのかなんなのかわからない)を周りにちょこっと植えれば完成。

デンマークの寒ーい冬を越して、来年の春まで土の中で蓄えててね~。


※これは私自己流のやり方です。来年上手く育つかどうかわかりません。参考にされる方は自己責任でお願いしますね。^^


web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:日々のこと
ジャンル:結婚・家庭生活
語学学校へ行く途中に、フリーペーパー(無料新聞)が置いてあって、バスを待っている最中に手にしてみた。

以前は全く読めなかったけど、最近はなんとか読めるようになって(と言っても理解はしてないけれど)、デンマーク語の練習がてら時間があるときは読んでみようと思った。

ある日手にしたフリーペーパーに、面白い記事があった。

まずはこれ。
20160916_154615.jpg

そう、日本人なら誰もが知っている絵文字。
これが"emojis"と表記されている。
(最後にsがついているのは、複数形なのか?わからない。)

タイトルは、「15歳の女の子がスカーフ(ヒジャブ?)の絵文字を提案」
(どんな内容か読もうと思ったら、写真をトリミングしすぎて記事が全部読めない

ドイツ人の15歳の女の子が提案したんだって。

今度語学学校の先生に、emojiって知ってるか聞いてみよう。
ちなみに、あるイラン人とシリア人に聞いてみたらemojiという言葉は知らなかった。でもチャットやメッセンジャーで使う絵のことは知っていた。

ウィキペディアで調べると、英語・ドイツ語・スペイン語・フランス語・ポルトガル語・イタリア語など全てemojiだったよ。
sushiと一緒か!?


次はこれ。
20160921_094428.jpg
ちょっと下のお話になるのかな。

タイトルは、「女性の3人に1人は大きい方をするときの拭き方が違う」
(日本語に上手く訳せたかどうか。。。)

記事によると、6割は後ろから拭く、3割が前から拭く、という結果だった。

実は私もこれには思い当たることがあった。
昔、妊娠する前、婦人科で検査をしたときのこと。
膣内に細菌(大便にいる細菌)がいることがわかって、先生から「トイレで大きい方するとき、あなた前から拭いてる?」と言われた。
このとき、たぶん前から拭いていた。
それまで子供の時とか、前から、後ろから、どうやって拭いていたか覚えていない。
この検査をきっかけに、必ず後ろから拭くようにしている。

記事にもそう書いている。
前から拭くと、細菌が入りやすいので後ろから拭くように、と。

Bebeちゃんたちが大きくなったら、必ず教えよう。
今はまだ、拭くときは大人のお世話になっているけどね。


ちょっと話がそれるけど、「う○ち」っていう単語がデンマーク語には無いのかな?
Copainに聞いても、「laver stort(大きいのをする)」っていう言い方しか使わないし。
「bæ」がそれにあたるようだけど、誰も使ってないし。
日本語では、子供に対して「Bebeちゃん、う○ちした。う○ち出た?」とハッキリ言うのに。
フランス語もそうだよね?「カカした?」って。
もしかしたらデンマーク人のママたちは私が聞こえないだけで、う○ちの単語を使っているのか!?

web拍手 by FC2
テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活
語学学校が夏休み開けて再開し、
2回目のDU3Modul3の筆記テストを合格し(あ、記事にしてなかったけど合格しました)、
2週間前に2回目のテストがあって先週合格判明。

私は先週からFrivillig(ボランティア)を始め、

徐々にデンマーク語に慣れる、、、、

と言いたいところなんだけど、これが全く慣れない。

Frivilligしていても、英語のように日常会話がすんなり頭に入ってこないし、自分も言いたいことが単語がわからなかったりで上手く伝えられない。
なんとかコミュニケーションを図ろうと休憩時間には自分の知っている範囲のことを話すようにしている。


語学学校ではなるべくデンマーク語を使おうとしているけど、分からない単語はどうしても英語にしてミックスしてしまう。

そして、もう一つ気になるのは、今のクラスの先生が良いかどうか、悩ましいところ。
週3回ある授業も(1日2時間半くらいだけど)、教科書通りに添ってやっているだけに感じる。
教科書通りにやっていても、そこにお題として「2人でテーマに従ってディスカッションする」とか何かを皆でディスカッションする形式はあるから、自分の発言練習になるんだけどね。
実際、先生は夏休み明けの次の週からいきなり病気で2日連続休んじゃったり、
私たちが質問しても、納得のいく返答じゃなかったり、よくわからなかったり。

クラスメイトもちらほらと、「つまらない授業」と口にしているのを耳にする。
これからmodul4を勉強していくのに、何か物足りない。
先生のこのやり方が正しいのか良くないのかは分からない。
それでもクラスメイトに恵まれていると思うから、なんとかやっていける気がする。

数日前は、新聞社が学校に来て「Ytringsfrihed(言論の自由)」についてのディスカッションがあった。
私はBubuちゃんが熱を出したので学校に行かなかったけど。
私が思うに、私が育ってきた日本では言論の自由について考えるような授業は無かったし、生活面でもそれを気にして過ごすこともない、それがあって当たり前で空気のような存在になっている気がする。
現代の義務教育ではどうやっているかわからないけど、学校でディスカッションする、自分の意見を言う、表現する、ということが私の時代では少なかったと思う。
そのせいか(日本人は)思考能力、考える力が低い気がする。(私だけ?)

新聞社が来る前に、授業で事前に言論の自由について話し合う時間があった。
そのときに、クラスのアイスランド人に聞いてみた。
「どうしてこのテーマについてそんなにたくさん話せるの?生活していてこれが周りにあるの?」
答えはYes。
「生活していて常に考えるし、これが日常。」ですって。


言論の自由についてどう思いますか?

こう問われてベラベラと話せる日本人がいたら、日本は変わったな(良い意味で)、と思う。
(まあ、そういう環境で育ってきてたら、例えば大学とか親が政治家とかだったら納得するけど)

でもデンマークは、これが文化!
Copain曰く、ディスカッションする文化らしい。(あくまでもCopain目線です)

日本では、子供は自分の意見を言えるように学校で教育されない気がするので、(それこそ教科書通りに学ぶだけ?)
デンマークのディスカッション文化は私はありがたい、と思う。
子供が自分の意見を言う、表現する、そうすると将来的にも何の職業に就きたいかなにがしたいか役に立つと思う。



家ではCopainとBebeちゃんがデンマーク語で話しているのを聞いているけど、早くてわからない時があったり、Bebeちゃんの言っていることがわからなかったり、このままで大丈夫か私?、と不安になる。
Bebeちゃんは疲れているとき、眠いときにすごく機嫌が悪くなってかんしゃくを起こして、言っていることがわからない。
Copainさえわからない、と言うから私に分からないのは当たり前かも。

また、Bebeちゃんは歌が好きで最近寝る前にはタブレットを使ってYou tubeでお歌を聞いている。
(寝る前にブルーライトを見るのは良くないって言うけど、まあいっか、と許している。その後一人で寝ること出来てるし。)
Jens Hansen havde en bondegård(ゆかいな牧場)、Hjulene på Bussen、Lille peter edderkop、など。
中でも私が好きなのは(あれ?私に聞いてない?)、Mariehønen Evigglad。
歌詞はまだ知らないけど、このバージョンは歌ってる人の声が好きだな。

歌詞からデンマーク語を学ぼうかな。。


あ~、せめて日常会話がすんなり出来るようになりたいもんだ~。

web拍手 by FC2
関連記事
テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
web拍手 by FC2