上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
Bebeちゃんを連れて耳鼻科へ行ってきた。

結論から言うと、「滲出性中耳炎」だった。

そもそも、風邪をひいたときとか、鼻づまりがひどくてイビキをかいていることから、ホームドクターに行って診てもらっていたけど、その度に「問題ない」と言われていたので大丈夫だと思っていた。
(もしかしたら私のデンマーク語ヒアリングが上手じゃないせいで聞き取れてなかったのかもしれないけど)
でも、鼓膜がどうやら上手く振動していないらしい。
「今は風邪をひいているせいかもしれないから耳の状態が正常かどうかわからない。6週間後もう一度診てみましょう。」と言われて再度診てもらったら、「耳だれの症状がまだ見られるので耳鼻科へ行った方がいい。」と言われた。
デンマーク語で説明されたので完璧に分かったわけではない。
なので、「小さな問題か?大きな問題か?」を聞いて「極、小さな問題だ」と言われたので安心した。
このとき、念のためホームドクターに症状と耳鼻科訪問の理由をメモに書いてもらった。


Bebeちゃんの耳だれは実はずっと続いていた。
記憶にあるだけで去年のクリスマスに日本帰省した頃からある。
あんまり耳掃除をしちゃいけない、っていうから1,2週間くらいに一度掃除するペースでやってた。
いつもいつも耳の中が黄色の汁?で汚れていた。

滲出性中耳炎は、Bebeちゃんのような低年齢の子供の場合、言語能力に支障が出るらしい。
耳の聞こえが悪くなることで、うまく聞き取れず会話がスムーズにいかないようだ。
実際Bebeちゃんも、返答することが少なく、それは他のことに集中しているからだろうと思っていた。でもどうやら違うみたい。この滲出性中耳炎のせいらしい。
言葉もこの年齢なら「私は~だ。」とか文章を喋るはずが、なかなかそういう風に喋らなくて、自分言葉と宇宙語を話しているようだった。
2か国語の環境のせいだろうと思っていたらこれも中耳炎のせいらしい。ボワ~って聞こえてるから?友達や大人が喋ってる文章が完璧に聞こえてないみたい。


デンマークで耳鼻科に行くにはやはり予約が必要。
Øre(耳), næse(鼻), hals(喉)læge(医者)という。
幸いにもキャンセルが出てて、通常2,3か月待ちなところ2週間後に診てもらえることになった。
診察の日には、Copainママにもついてきてもらった。
着いたらちょうど休憩時間(コーヒータイムと看板が受付に出ている)が始まってて、私達は待合室でしばらく待つことになった。(←デンマークらしい)
休憩が終わって、まずはアシスタントの人に耳の聴診検査をしてもらった。
その後、専門医が来て説明してもらって、この滲出性中耳炎は子供によくある病気、手術はチューブを入れるものと言われ、しばらく様子を見るかチューブの手術をするか親が決めるように言われた。
私は手術を選択した。だって今までずっと様子を見てたもん、4か月くらい?それに言葉の問題もあるし聞こえが良くなった方がいいし、この中耳炎のせいで夜中に頻繁に起きているようだし。

手術の日時と経過チェックの日を決めてクリニックを出た。

日本のサイトで色々調べたら、日本では滲出性中耳炎の場合、様子を見るお医者さんと病院を勧めるお医者さんがいるようだった。
様子を見るのは何故かと言うと滲出性中耳炎は自然治癒することがあるらしいから。
大きな病院の紹介状を書いてもらっても実際に手術に踏み切るかどうか悩むらしい。
それに手術が全身麻酔。絶食もある。
鼓膜を切開する、という響きが怖くて子供にはそんなつらいことはさせたくない、という親もいるみたい。



私達が受診したデンマークの耳鼻科では、Dræn i ørerne(耳にドレーン管を入れて排水)/fjernelse af polypper(ポリープ除去)を行う。
要点は、
●5歳以下の子供は手術の4時間前から絶食。
●8時間前からミルクや乳製品の摂取は禁止。
●2時間前なら水、リンゴジュースは25~50mlは飲んでも大丈夫。
●2時間前に痛み止めを家で飲んでくること。(ポリープ除去すると痛い)
●手術後30分は飲食禁止。
●手術後の最初の食べ物は冷たいもの(アイスやヨーグルト)が好ましい。
●翌日から学校や幼稚園に行ける。

2~4週間後に耳の検診をして、3、4か月後にはチューブが自然に取れて耳は通常に戻るらしい。
この点も日本とは期間が違っていた。

チューブの手術は5月半ば。
7時に朝食を終わって4時間後の手術まで食べないでいるように対策を考える必要があるな。


※デンマークでは、何かおかしい、と思ったらホームドクターではなくて専門医に診てもらった方が良い。
ホームドクターは、誰が見てもわかる状態のようなひどい症状でないとすぐに専門医を勧めないようだ。
実際Bebeちゃんの中耳炎のこともそうだし、Copainママもそう言っていた。
予約を取るには時間がかかるが、診察は専門医でも無料。
その分、高い税金を払っているので遠慮しないで行ったほうが良い!?


web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:子育て
ジャンル:結婚・家庭生活
この前、ビックリしたことがあった。

語学学校から私の住んでる町まで行くバスは2通りある。
A→通常のルートとする)
B→私が住んでる家近くを経由するバス

いつも私はBに乗るんだけど、この前の語学学校の帰りにバスがルートから外れた!

乗ってるお客さんたち数人が「あれ?」ってなって、キョロキョロしてて、一人の女の子は運転手に何か言ってた。
怒りながら、ストップボタンを押して昇降口で待ってた。
そしたら、バスが通常曲がるはずの交差点を過ぎた次の三叉路でUターンし始めた!
ここはバスが通る道では無いので少し狭い感じがした。
しかも三叉路なので通りを行き交う車が多い中、道路の途中で止まってバックするタイミングを待ってた。
バックする間、通りの車はストップ。
しかも曲がりたい車もあって「おいおいヾ(・∀・;)、こんなところでUターンして良いのか?」と思った。
無事にUターンできて、女の子はその通常曲がったところのバス停で降りることが出来た。
私はその次の次で降りる。
そしたら一緒のバス停で降りる女の人がいて、昇降口で待ってると「ニコっ(^-^)」とお互い暗黙の了解のように「あらまー」と言った具合で微笑みあった。

人生で初めて、バスがルートから外れる状況に立ち会った。


もう一つ、別の出来事。

スーパーで買い物してレジで並んでいるときのこと。
この時は、CopainもCopainママもいた。

Bebeちゃんがショッピングカートの子供用の座る部分に座ってて、プラスチックの箱に入ったブルーベリーを手に持って離さない。
私たちが「それ、レジにピッするからちょうだい。」って言うとその時は何故か不機嫌で、箱をポイッとカートの中に落とした。
カートは格子状なので、ブルーベリーはカバーが開いて床に散らばった。
「もう、何してるの!」と少し怒り気味で私たちはブルーベリーを拾った。
拾い終えて、カートに戻したら今度はカートの中に居たBubuちゃんがそれを手に持って、カバーがしっかり閉じてなかったブルーベリーはまたもや床に散らばった。

お前たちー、何してるー!漫才か!

と思いつつ、2度目に落ちたブルーベリーを拾うと残念ながら今度は数個潰れてしまった。
最初は全部無事だったのに。

Copainママは新しいブルーベリーを商品棚から取ってきた。
お会計のとき、レジで何やら話している。
どうやら、散らばったブルーベリーの商品はお店に返して、商品棚から取ってきた新しい方を買ったみたい。

日本ではそういうこと無いよね?
日本では、その散らばってしまって数個潰れた商品を買取りってなるよね?
こういうときは、デンマーク(ヨーロッパ?)は融通が利くなーと思ってしまう。
どっちもどっちって感はあるけどね。



明日はBebeちゃんの耳鼻科へ行く日。
語学学校はお休みするんだ。
Copainママにも来てもらって3人でお出かけ。

web拍手 by FC2
関連記事
テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活
今日は良い天気~。
朝から洗濯と掃除とおもちゃの片付けをしてた。
先日日本から届いた荷物の中にミスチルのアルバム「REFLECTION」を入れていたので聴きながら作業。

そして、Bebeちゃんの七五三写真もようやく手元に届いた。
撮影風景を思い返してみても、アルバムを見てもやっぱりカワイイ!!!
20160411_091351[1]a

20160411_091340[1]a

20160411_091326[1]a
よーく見るとこめかみ部分に水疱瘡の痕が残ってるのが残念。


最近は天気も快晴が多く、洗濯物も外に干せる日がある。
庭には水仙が咲いて、日中は窓を開けていても家の中が23度になることもあり、日が沈むのが遅くなってBebeちゃんたちの就寝時間20時でも外はまだ明るい。


BebeちゃんもBubuちゃんもテレビを見るより2人で遊ぶ時間が多くなって、親としてはうれしいかぎり。
夕飯作り中は、BebeちゃんがYoutubeを見る時間(BebeちゃんはJINSのブルーライト用メガネをさせてる)でBubuちゃんも見てしまうけど、何かのきっかけで終了して、いつの間にか2人で遊んでいる。
ケンカもするけど、まあ仕方ない。(取りあいこ、押した押された、私のもの~!などなど)


Bebeちゃんは、

●3歳4か月で、Brefri(おむつ無し)になった。
以前、ゆるーくトイレトレーニングを開始したことを記事に書いたけど、Påskeferieの間、家でパンツを履かせていて、もよおしてくると自分で宣言して(「おしっこする、う○ちでる」と言った感じで)、トイレに行けるようになった。

夜はおむつをして寝てるけど、昼間はパンツで過ごせるようになった。
Børnehavenには、キティちゃんパンツを履いていき、就寝前は「Breパンツ!」と言っておむつの上にパンツを履いて寝る。
週末の夜は、目が覚めて起きてきたと思ったら「オシッコする」と言ってパパに抱っこされてトイレに行った。
(でもこの時だけ。翌日の夜はオムツでオシッコしてた)

●自転車が上手く乗れない。
Børnehavenで、「自転車の日」というのがあって、各自自分の自転車を持ち込んで乗る、という日があった。
その日のお迎えは、Bebeちゃんはすごく落ち込んでいて何も喋らなかった。
何を聞いても何も答えない。
恐らく、自転車が上手く乗れず、でも皆は乗れていて、それで落ち込んでしまったのではないか?と推測した。
週末、自転車の練習をCopainと一緒にやっていて、調子が出てきたなーと思ったら坂道で止められずCopainもBebeちゃんも物の見事にこけてしまった。
Copainは肩を打ち、Bebeちゃんはあごと手のひらに擦り傷を作った。
すごく泣いたけど、これに懲りず、頑張って自転車の練習をしてほしいな。



Bubuちゃんは、

●1歳7か月で、箱の上からジャンプするようになった。
と言っても上手ではない。
見ていて危なっかしい。片足で跳んで、もう片方は曲げているので、着地の際に足をくじいてしまいそうな感じ。
でも、飛ぶのは止めない。何度も挑戦するチャレンジ精神旺盛!
出来たらパチパチと自分で拍手する。

滑り台もそう。
自分一人でも滑りたがる。

Bubuちゃんは、どんなことにもチャレンジする勇気があるようだ。
でも、犬とか興味深々なんだけど、ワンワン!と言って指さすんだけど、近くにくると逃げる。

●真似っこ言葉が多くなった。
言葉を発するのがBebeちゃんより早い。
今、喋るのは、
・ママ、パパ、Bebe、マミー
・タッポッメ(Tak for mad-ごちそうさま)
・ヴァーム(Varm-熱い)
・ミン(Min-私のもの)
・ギンガン(Gynge-ブランコ)
・ゴォッチベン(Rutsjebane-滑り台)
・ホッパ(hoppe-ジャンプ)
・カカ(仏語でう〇ち)
・ティッシャ(tisse-おしっこ)
発音がまだ正しくないものもある。


日本語
・アチ(熱い)
・ォィシー(美味しい)
・アチッツァ(落ちた)
・じじ、ばば
・ウエ(上、2階を意味する)
・ガッコ(抱っこ)
・アンマンマン(アンパンマン)
・ゴアン(ご飯)


女の子2人は、どうやら育てやすいランキング1位みたいだけど(一姫二太郎より)、なんとなくわかる気がする。
もう少し大きくなって2人ともちゃんと喋るようになると、今まで以上にうるさくなるんだろうな~。


私はと言うと、語学学校の新しいクラスは、順調に授業が進んでいる。
クラスメイトも仲が良く、休憩時間に一緒にカフェテリアで食べたりお話したり、この前は車で家まで送ってもらったり。
授業も今のところ特に問題無く、1対1でディスカッションしたりグループディスカッションする時も何の抵抗も無くスムーズに行っている。

ああ~、穏やかだ~。



web拍手 by FC2
テーマ:子育て
ジャンル:結婚・家庭生活
以前、語学学校でプレッシャーを感じたり、嫌な出来事があったことを書いた。

ずーっとこのクラスなのかなー
不安だなー
頑張るしかないのかなー
なんて思ってたら、ある日を境にクラス変更できることになった。

その経緯は、、、


ある日の授業で、1つのテーマに添って自分の意見を書く作文があった。
それを提出した後、後日先生から添削されて戻ってきたら「読みにくい、何を書いているかわからない」と一言メモが添えられていた。
紙を渡した後、先生が私に聞いてきた。
「mon mooiはどうしてDU3コースにしたの?」
私は、
「自分の将来のため、ビザのためです。」と言うと、
「そう、( ´ω`)フム」といった感じで、話し始めた。
「あなたが今いるコースはmodul3と言っても終わりの方。ほとんどの生徒がmodul4なの。だからあなたは突然スキップしたようなもの。
どう?modul3のスタートクラスがあるけどそっちに移動する?」

私は迷わず「Ja!(はい)」と言った。

図にするとこんな感じ。
modul.jpg

赤枠が私が終了したmodul。
それからDU2からDU3にコースを変更して、自分はDU3modul3のスタートから始めるべきなのに、なぜかmodul3は3でも終わりの方のクラスに入れられていた。
(今思い返すと、入ったばかりの頃、このクラスのほとんどの人がmodul3のテストを受けてmodul4になっているところだったから、おかしいな~と思っていた。)

「私(先生)ではクラス変更は勝手に出来ないから、オフィスに連絡して変えてもらうわね。」と言われたのがPåskeferieに入る前。
休みが終わって2日後には新しいクラスに移動できた。


そこでの授業は、、、、


は~、なんて楽なんだ。
前回のクラスより断然わかる。

このクラスはmodul3のスタートコースというか、modul2とmodul3のクラスのようで、大半の人が今現在、modul2のテストを受けていてmodul3になる段階、というクラス。

語学学校によって、同じクラスでもいろんなレベルの人が混ざって授業をしているところもあるかもしれない。
授業についていけなくても頑張って追いつくしかない場合もあるかもしれない。
私がこういう風にクラス変更出来たのはラッキーだったかも。

授業がわかるようになっただけでなく、クラスメイトも雰囲気が良い。話しやすい。
先生の喋り方、教え方もゆるやかで分かりやすい。(modul2と3のレベルだから!?)
なにより、復習をしながら勉強できるところが良い。

地元の語学学校で習ったDU2コースは、きちんとした教材があまりなく、先生がどこかの教材からコピーした紙をもらっていて、そこからGrammarを勉強していた。
もらえるテキスト本は無かった。
でも今回の語学学校では、配布されるテキストがあって自分のものになって書き込めるものもある。(だいたいの教科書は書き込み禁止。借りるだけ。)
そのテキストには、詳しく書かれているので、私が以前習ったことも、なぜそうなるのかが詳しく説明されている。(それ、知らなかったよーって言うのがある
このテキストは非常にありがたい。
地元の語学学校では、そういう風に詳しく教えられなかったので、このクラスに入れて本当に良かったと思う。

せっかく復習できるチャンスが出来て、もっとデンマーク語を理解することが出来るので、これを機会にしっかりと頭にいれないとね。
以前の難しいクラスは私にとって無駄ではなく、デンマーク語をもっと努力する必要があるって考えさせられたし。

これで気が楽になって語学学校に通えるよー。


話は変わって、最近見始めたデンマーク語版ジブリアニメ。
DRtv Ultraというテレビ番組のインターネットで見られる。
デンマーク語吹き替え、字幕無し。
掲載期限があるので、今のうちに観ないと!
昨日まで「ハウルの動く城」をやってて、ハウルの声がおじさんみたいで気持ち悪かった。。。
さーて、昨日の続き、「魔女の宅急便」を観ようっと。




web拍手 by FC2
テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
web拍手 by FC2