上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
デンマークに引越してきて約半年。
その間に住んでるアパートで変化があった。。。
いいこと、悪いこと、両方なんだな。。。


*******************

私たちが住んでるアパートは古い。
でも広いし裏庭もあるし便利な場所にある。

このアパートだけかもしれないけど、上の階、下の階ともに音や声はよく聞こえる。
上の階の人は特に足音がうるさい。
かかとでどんどん歩いているようで、冗談ではなくうちのフロアは地震のように揺れる。
日本人の私としては、この揺れが地震の始まりで後から揺れが強くなるのでは?と錯覚するほど。

壁も床もまっすぐではない。

入居当日、バスルームのドアの下部分にあるモルタルが完全に乾いておらず、足を踏み入れてしまった。

急いで内装工事をしたらしく、まだ行き届いてない部分があった。
どんなことがあったか、、、
こんなこと
   
・バスルームの電気が無い。
 →数日後、ランプが設置された。

・バスルームのモルタル
 →数日後、塗り直し。

・台所シンクの蛇口部分の壁が古く水漏れしてたみたい。
 →オーナーが新しい蛇口に変えてくれて壁も直すよう工事の人に言ってくれた。
 →が、数週間後、壁のモルタル塗りが乾いてなかった様子。

・玄関の電気配線がおかしく電気がつかない。
 →数日後、工事の人が直す。
 →が、配線がおかしくなり、冷蔵庫の電気スイッチがおかしなことになった。
 →翌日、電気屋さんが来て修理。

・バスルームの換気扇がない。
 →数週間後、工事の人が設置したようだけど、まだ動かないらしい。

・キッチンのヒーターが上手く作動しない。
 →Copainが直すが数日後またおかしくなる。
 →もう使わないことにした。換気のために窓開けるし。

・全ての部屋のドアが完全に閉まらない。閉めるとギィギィ音がする。
 →ドアの塗装が厚いのか、ヤスリでゴシゴシ削った。
 →それでも完全に閉まらない。

寝室の壁にカビが生えた。
 →入居してすぐ寝室の部屋の隅に紙袋を置いていたので気付かず、1カ月経ったときに荷物を移動して気付いた。
 →オーナーに言って修理してもらうことにしようとしてたけど、Copainが知らせず自分で薬で除去してそのまま放置、、


が、

この部屋の壁にカビが生えたことが事件の始まり。

ある日、Copainがメールを見ていると、役所からメッセージが届いていて、どうやら「退去勧告」のよう。
内容は、「部屋にカビが生えたと通報を受けました。○月○日までに退去してください」というもの。
慌てたCopainはオーナーに電話をし、下の階の住人にもメッセージが来ていることを教えた。
(メッセージはこの建物の住人全てに来ている様子。といっても4世帯だけなんですけどね。)

上の階にも部屋にカビが生えたらしく、その住人が役所へ通知した様子。
私たちは「どうしよう。引っ越したばかりだし、これから語学学校にも行くし、DayCareCenterも行くし、赤ちゃんも生まれるし、また引越しできないよ。」と話していた。

でもメッセージをよーく読んでみると、退去勧告ではなかったみたい。
書いている内容がわかりづらいものだったみたいで皆が勘違い。
ただ、○月○日に役所がカビを調べる検査をするのでその結果によって退去かどうか役所が決めるという。

私たちの部屋のカビはCopainが薬でカビを掃除してくれて、一旦はきれいになったけど、また少しずつ出てきてた。
なので、部屋の換気はもちろん、ヒーターも気をつけるようになりとにかく換気に注意した。

そして検査当日。(2月某日)
役所から二人来た。オーナーも一緒。
カビをガラスシャーレに取って検査に回すという。
壁の湿度も測っていた。
部屋の写真も撮っていた。

それが後日、検査結果としてメールで送られてきた。
キチンとした結果報告の内容だった。上の階の写真もあった。
上の階の方がカビがたくさんあった。
検査結果は、どうやら悪いカビだったみたいで、退去を迫られるかも。

上の階の住人は結果もまたず引っ越していった。
この日から、上の階の足音にストレスを感じることが無くなった!
とにかく上の住人はうるさかったから、引っ越してくれてよかったよ。
しかし、引っ越ししていく間、とても静かに階段も部屋も歩いていたのに、なんで普段はあんなにうるさかったんだろう。。


私たちは、(引っ越したくなかったから)オーナーが作った「壁の修理、ガラス窓の交換、ヒーターの修理、換気扇の修理をしてもらうので、この部屋に住みます」という書状にサインをし、役所の反応を待った。

すると、○月○日にもう一度検査に行くので、それから決める、ということになった。

検査をした数日後、建物全体のガラス窓を交換した。
特にうちの部屋はガラス窓に湿気がこもっていた。

キッチンのヒーターも(交換?するため)撤去した。→撤去したまま放置だけど。

壁のカビ部分はCopainが壁紙をはがし、乾燥させていた。→つまり壁紙がベリベリはがれた状態の部屋で寝ている。
壁紙交換をすると思ってるので荷物や棚を置けない状態。だからリビングルームに一時保管している。


再検査の日。(4月某日)
役所の二人、オーナーが来てチェックして帰っていった。
結果がどうなのか、今のところわからない。オーナーは教えてくれなかったよ。
壁紙がいつ修理されるのか、ヒーターはいつ交換されるのか、未だ未定。
(7月までには直してもらいたい!)

赤ちゃんが生まれる前に部屋を修理して、きれいな状態で赤ちゃんを迎えたいんだけどな。
その前にリビングルームも整理したいし。
早く修理してくださいな、オーナーさん。


web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:日々のこと
ジャンル:結婚・家庭生活
この前行こうと思っていたIKEAに行ってきた。

買おうと思っていたのはBebeちゃんのベッド。
前々からイースターホリデー中にベッドを買って旦那が休みの間に「組立&寝る練習」をしたいと思っていた。

そもそも新しいベッドを買う理由としては、Bebeちゃんのベビーベッドへの抱っこで上げ下ろしが二人目妊娠中のお腹にはきつくなってきたから。

柵が降りないタイプのベビーベッドに、床に置いたマットレスで添い寝をした後のBebeちゃんを抱き上げ持ち上げベビーベッドに下ろす作業はお腹に負担がかかる。
ちなみにベビーベッドはこういうタイプ

IKEAに着いたのは前と同じで10時ちょうど。
なのに既に駐車場は満車状態だった。

今回私たちは買うものを決めていて、その場所だけ周り「見るだけ~」という楽しみを我慢して買い物をした。
(Bebeちゃんがいるし、家に帰ったら組立作業とかもあるから疲れてしまうので)

買ったベッドがこれ
     
DSC02614aa.jpg
通常価格より100Kr安くなってた。
Bebeちゃんは自分で登ったり降りたり出来てて大丈夫そう。

二段ベッドとどうしようか悩んだけど、まだ1年くらいは上のベッドは使わないだろうし、Bebeちゃんが大きくなっても上のベッドで寝るかどうかわからないし、ってことでとりあえず普通のベッドにしてみた。


初日の夜。
このベッドで一緒に添い寝をして寝入ったところで私はベッドから離れるんだけど、Bebeちゃんは途中で悪い夢を見たらしく1時間程で起きてしまい、しばらく泣きっぱなし。
でもその後はまた一緒に添い寝で寝て、ベッドから落ちることなく朝まで寝てくれた。

このベッドはベッドガードが付いていて、好きな位置に取り付けられるタイプ。
私が添い寝をするからその時は外しておいて、寝入ったところで私はベッドから降り、ガードを取り付ける。
そしてベッドの横には布団を丸めて壁や柵にぶつからないようにしている。

添い寝にはちょっと狭いけど、でもマットレスで添い寝をしていたときも私の顔の上に自分の顔を乗っけて寝るくらい近くに来るからいいんだ。

それにしても気づけばBebeちゃんの部屋のアイテムが90%IKEAになっている。
写真には写ってないけど、天井照明壁掛け棚もIKEA。
可愛いからいいんだ~



web拍手 by FC2
テーマ:初めての育児
ジャンル:結婚・家庭生活
イースターホリデーになったデンマーク。

初日に買い物をしようとIKEAに向かった私たち。

いつもは車でいっぱいの駐車場がガラガラ。
10時オープンと同時に来たから空いてるんだな~と思ったら、実はイースター中だから閉まっていた。
入口には何の張り紙も看板もお知らせも無くただ閉まっているだけ。
後から来た人たちがスマホでチェックしているのを密かに聞いてて、どうやら土曜日だけ空いているらしい。
(家に帰ってWebをチェックしたけど休みのことは何も書いてなかった。 スマホだけ情報来るのかな?)

仕方なく帰ることになったけど、せっかくオーフスに来たからにはどこかへ行こうってことで、まずはアジアンフードショップで食料品を調達。

その後、森の中にある「ふれあいパーク?」みたいなところで鹿たちを見てきた。
ここは無料で入れるところ。
鹿がいっぱい。イノシシやカモもいるかも?

DSC02606a.jpg

DSC02600a.jpg
立派な角~

DSC02608aa.jpg
こんなに近くまで追いかけるBebeちゃん。


昨日Bebeちゃんが少し風邪気味だったので今日はあまり長居は出来なかったけど、なかなか楽しめたよ。
また今度ゆっくり来たいな。



web拍手 by FC2
関連記事
テーマ:日々のこと
ジャンル:結婚・家庭生活
私が通っているデンマーク語の語学学校はイースターホリデーなので来週の火曜日まで学校はお休み。

久々のBebeちゃんとの生活が待っている。
でもCopainも仕事が休みになるので(デンマークでは祝日土日含め5連休)少しは楽チン。


語学学校の生活はというと、、、
どんどん生徒数が増えてきて、大きく分けて2クラスある中(たぶん20~30人くらい?)、教師の数が4人。
そのうち、先週は3人病気で休み。
1人、臨時アルバイト教師が来た。

私と同時期に入ったフィリピンの女の子と私は、レベルアップして(順調に授業が進んだから)少し上のグループと勉強することになった。

上のグループに初めて参加した日、教師は臨時アルバイトの人だった。
いきなり教科書30ページくらい飛ばしたところから授業が始まった。

私とフィリピンの女の子はフラストレーションが溜まった。
なぜなら臨時アルバイト教師の教え方がはっきり言って満足しない内容だったから。

授業の内容は「家族」。
両親、祖父母、義理の○○、姉妹、兄弟、甥、姪、いとこなどなど。
この家族の単語を調べる時間をもらうことなくいきなり授業を始め、ホワイトボードに何も書かず、教科書の図と単語を指さしながらデンマーク語で説明している。

臨時教師は、どうやら隣の人と教科書の図を見ながら「これは両親、これはこの人の叔父さんなどを下にある単語を使ってデンマーク語で話してね」と言っている。

でも、なんにもわからない。
単語の意味がわからないまま、説明なんて出来やしない。

私はイライラし、「もう少しわかりやすく説明してください。例えばAさんはBさんの叔父さん、ということを単語を書いてホワイトボードに書くとか。」
「bedsteforældre:祖父母」「forældre:両親」こんな単語を意味を調べられずに見せらせても分からないよ。

デンマーク語には、お祖父ちゃんお祖母ちゃんも、母方の祖父母・父方の祖父母でそれぞれ単語があり、いとこも男と女で別々の単語、叔父さんも父方の兄弟と母方の兄弟でそれぞれ単語がある。

私は1人で、単語を調べながら教科書の空欄を埋めていった。
「AさんはBさんの(叔父さん)」とか。

私が黙々とやっている中、臨時教師は「隣の人と話しながらやって」みたいに言ってるけど、単語がわからないままできるわけがない。
「私はこの方法で理解しながらやります」と言って続けた。

そんな中、フィリピンの女の子はブラジルの(15歳?かな)女の子と教科書の図を使って臨時教師の言うことをやっていた。
でも見ていると(聞いていると)、フィリピンの女の子もイライラしている様子。
ブラジルの女の子は、こっちで高校に行っている。頭も柔らかい。
単語も意味が分かっているようだ。
フィリピンの女の子は、「この単語がわからないから調べたいけど時間がかかるの」と言っているみたい。

そして、ブラジルの女の子はショックな一言を言った。
「どうして分からないの?この単語は昨日やったじゃない。」と。

しばらくして休憩になった。

いつもなら休憩ルームに行くんだけど、フィリピンの女の子は行く様子が無い。
そして、キレたことを私にぶちまけた。
「先生の言うことも早いしわからないし、単語も調べたいのに出来ない!
 しかもM(ブラジルの女の子)は、なんでわからないの?なんて言うし。
 昨日やっても忘れてることだってある!
などなど、お怒りモード。

私は、「落ち着いて。Mは10代だからまだ若いの。」(フィリピンの女の子は24歳)

でも私も先生にはイライラしていた。

休憩に入る前、先生は、「このページを聞いて質問を隣の人とやりあってね。それから新しい先生が来ると思うから。」と言って帰っていった。

休憩が終わり、新しい先生は来なかった。

私たちはコンピュータールームでリスニングを続けて終わった。
これがイースターホリデーに入る前の最後の授業。


ホリデー中は自分で家で勉強しようと思った。



web拍手 by FC2
テーマ:日々のこと
ジャンル:結婚・家庭生活
4月5日、小さいながらも胎動を感じた。

妊娠19週目のこと。

Bebeちゃんのときより早く胎動を感じてる。


その週には病院で2回目のスキャンをしてきた。
これで病院での検査は終わり。
後はホームドクターと助産師さんを訪問するだけ。

今回のスキャンは学校を途中で終わらせて、Copainに早めに仕事を終えてもらって2人で病院へ行ってきた。
Copainは初めてエコー画像を見る。(日本では仕事があって見られなかった)

デンマークでは「スキャンする2時間前から尿をしてはいけない」とお知らせの紙に書いてある。
どうやら尿が溜まってその圧で胎児が前の方?に来てよく見えるらしい。
実際、私もビックリしたことが日本よりエコー画像が鮮明に見えたこと。
日本では診察前に必ず尿検査のため尿を採取するもんね。
※訂正→デンマークでも病院によってスキャンの際の注意事項が違うようです。

それにしても、エコーで「指が5本ちゃんとあるわよ」と言いながら数えてくれたのはビックリ。
(私も見えた。
他にも心臓の4房に血液がきちんと流れているかもチェックしていた。
(私もわかった。
それほど鮮明に詳しく見てくれてる。


何はともあれ、順調に育っているみたい。
よかった。


病院はこれで最後、今度来るときは出産のとき。
なので分からない点を聞いてみた。

1.まず、陣痛が始まったらどこへいけばいいか?

この病院は大きくて建物がたくさんあって入口がAとかBとか色々ある。
(ちなみに受診時はAの入口)
「陣痛が5分間隔になったらKの入口へ行ってね。その前にここに電話して。」
と言って、病院の出産専用の電話番号を教えてくれた。

あれ?以前、助産師さんを訪問したとき、助産師さんの電話番号を教えてもらったんだけどな。
「この助産師さんの電話番号にも電話するんですか?」
と聞いたところ、それは必要ないって言われちゃった。

え~?訳わかんな~い。。
今度6月に助産師さん訪問だから聞いてみよう。


2.カメラや録音はOKか?

大丈夫だって。
私は産声を録音したいのでこれを買うつもり。
               
ベビー ボイスメモリーベビー ボイスメモリー
()
トミーアルバム

商品詳細を見る


Copain、頑張って録音してね!

3.出産時には誰がいるのか?

立ち会い出産のため、Copainは居る。
それと助産師さん、ナースの2人かな。
学生もいるからもしかしたら立ち会うかもって言ってた。



後は、もう一度初産の時のことを話した。
(おしるしから出産まで2日ぐらいかかったこと、会陰切開をしたことや破水が無かったこと、陣痛促進剤を使ったことなど)
「大丈夫、通常の出産だね」、と言われた。


これで病院は終了。
次は陣痛(出産時)のときに来るんだけど、家から病院まで車で30分くらい。
Copainの仕事場所から家まで20分くらい。
陣痛が来たら早めにCopainに連絡しようっと。



web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
web拍手 by FC2