上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
7月のことだけど、

引越しの片付けも少し落ち着いたので、Dagplejeが夏休みのうちにBebeちゃんとBubuちゃんのデンマークパスポートを作りに行ってきた。

7/30
準備するものは少なくて、申請書と出生証明書だけ。
申請書は、borgerのサイトから入力して印刷して私たち(両親)のサインをして持っていった。

Bebeちゃんは日本で生まれたので戸籍謄本の英語訳をコピーして、
Bubuちゃんはデンマークで生まれたときのBirthCertificateのコピーを持っていった。

Kommune(自治体)にはCopainと一緒に皆で行き、
書類を渡して写真撮影した。
目線が上に向いてたり顔が少し傾いていたけれど、大丈夫らしい。
子供だからいいのか、Kommuneの人は笑ってただけ。

それで終了。

2人で430kr。(≒7900円) 
内訳は申請代:115kr ×2、写真代:100kr ×2


意外にもあっさり終わって、家に帰った。

それから1週間ちょっと経って、
郵便受けにまずはBubuちゃんのパスポートが届き、
続いて数日後にBebeちゃんのパスポートが届いた。

スムーズに行き過ぎてビックリ。
他のこともこれくらい簡単に済めばいいのに。。。


web拍手 by FC2
スポンサーサイト
テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活
Bubuちゃんの日本のパスポートを作った。
準備の記事はこちら

●写真
申請するにあたり写真が必要なんだけど撮影は自宅で。
お天気の良い日に窓際に椅子を持ってきてBubuちゃんを座らせて、背中側にもう一つ椅子を持ってきてベビーマットレスを立てかけ背景になるよう白いタオル(生地がなめらかなもの)をかぶせて撮影開始。
Bubuちゃんはニコニコしながら私やカメラを触りたがり、終始落ち着きがなくて試行錯誤しなからあやして目線をカメラの方へ向けさせたりして何度も何度もシャッターを押してた。

注意点は、
・顔全体が入るように撮る。
・影が入らないようにする。
・頭頂点から上4mmは余白なので考慮して撮る。

なんとか撮れたものをフリーソフトでパスポート用にカスタマイズして自宅のプリンターで印刷。
Bebeちゃんのときもこうやって撮ってパスポート申請した。

それがこちら。
DSC03671a.jpg
ぷくぷくなんです~。

写真の裏に名前も記入した。(万が一書類がバラバラになっても誰の写真か分かるため)


●申請書(新規発給と非ヘボン式)
申請書はサンプルを参考にして書き、署名は日本語で私が代筆した。
名前はBubuちゃんは非ヘボン式のスペルなので非へポン式表記の用紙にも記入した。
ついでにBebeちゃんの時と同様にCopainの姓を別名併記した。

●その他必要書類(Birth Certificate)
非ヘボン式表記にする場合、Birth Certificateが必要って書いてあるんだけどデンマークのBirth Certificateって名前の表記が無くって女の子か男の子かが書いてあるだけでスペルの確認って出来ないんだよね。
(他に書いてあるのは生まれた日時、場所とか)
大使館に確認すると、「Sundhedskort(健康保険証)で良いですよ。」だって。
コピーして同封した。

●その他必要書類(戸籍謄本)
領事出張サービスがわかってすぐに日本の親に連絡して戸籍謄本を取ってもらい、EMSで送ってもらった。
1週間で到着した。(ちなみに2通お願いしてて1500円くらいの送料)


それらを郵便局で送付。
Copainは、「窓口に行ったら何も言わなかったら速達になるよ」って言ってたけど、この時のおばちゃんは親切にも「普通で送る?保険かけて書留で送る?」って聞いてくれた。
念のため追跡できる"Rekommanderet brev"(書留)で送った。
ちなみに、普通でも書留でも翌日には届く。
料金は普通:10kr 書留86kr。

受け取る1週間前に念のため大使館に電話して受理されているか聞いたら「できてますよ」って言われた。
現金持って本人も連れて行けばいいですか?って聞いたら「お母さんが受取に来れば良いですよ」って言ってくれた。
まあ、うちは何にしても家族一緒に行動するので連れて行くけどね。

そして、昨日、受取に行ってきた。
サインして、料金を払ってパスポートを確認して終了~。
これで、年末の里帰りには母と娘2人は日本のパスポートで帰省できるよ。

どうやらこの先数年は毎年1回はオーフスで領事出張サービスがあるみたい。
何かあったら利用しようっと。



かかった費用は、
申請時郵送 86kr
発給手数料 +315kr
合計  401kr(≒7500円) なり。


web拍手 by FC2
テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活
日本帰省にあたっては、当然パスポートが要るんだけど
Bubuちゃんの日本のパスポートをどうしようか、と悩んでいた。

(1)デンマークのパスポートだけで入出国しようか、、、
(2)日本に帰省したときに居所申請で日本でパスポートを作ろうか、、、
(3)デンマークで領事館へ申請して作ろうか、、、

(1)は元々デンマークパスポートは作るつもりだった。
(2)はうちの実家の自治体のパスポート窓口に母親に聞いてもらうと「居所申請?なんですかそれ?海外在住?本人が来ないと申請できませんよ」などと分かってない風だったので申請は難しいと思った。
(3)は申請は郵送でもできるけど受取は本人出頭が原則なのでコペンハーゲンまで行かないといけない。それは嫌だ。

うーんうーんと悩んでいて、そんなとき、領事出張サービスという便利なものがあることを聞いた。

デンマークでもあるかなー、と思って大使館の過去記事を調べていると時々オーフスで領事出張サービスがあるようだった。
オーフスなら近いから今年あればいいな、と思っていた。
もし今年の領事出張サービスがオーフスであれば日本のパスポートを作ろう、と思った。

過去記事からすると5月くらいに大使館通信が更新されていたのでそろそろお知らせがあると思っているとやはり更新された。
こちら→在デンマーク日本大使館のページ

パスポートの申請書類はBubuちゃんの出生証明書の書類をもらったときに同時に送ってもらっているので、後は記入して写真を撮るだけ。
そして日本にいる両親にBubuちゃんの戸籍謄本をEMSで送ってもらえば、まとめて郵送で大使館へ申請すればいいはず。
(領事出張サービスで受取希望ってメモを書いておかないとね)


写真か、、、Bubuちゃんおとなしくじっとしていてくれるだろうか、、、
頑張って撮影しよう。。。(自宅撮影の予定)



web拍手 by FC2
テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活
そういえばBubuちゃんの出生届のことを書いてなかったので記録として書いておこうっと。


私は事前に在デンマーク日本大使館に問合わせてて用紙をもらっていた。

A3サイズの出生届 2枚
出生証明書(デンマーク語) 1枚
出生証明書(日本語翻訳) 1枚

これらをBubuちゃんの生後1ヶ月で郵送した。
(出生の日から3か月以内に在デンマーク日本国大使館に出せば良くて、大使館のホームページにはもっと他の資料が要ると書いてあるけど、今は上記のものだけでよかった。)

出生届は日本のものとほぼ同じ。
左半分だけ記入。(右半分の日本語出生証明書の部分は記入不要)
日本版と違う点はその他の欄に「日本国籍を留保する」という項目があること。
署名しないと日本国籍を失うって。
日本で生まれたBebeちゃんは日本の出生届けにはそんな欄はなかったので書かなかった。
海外で生まれたときだけ必要みたい。

その出生届けには父母の国籍を書くんだけど、Copainはデンマーク人でありフランス人でもある。
日本の結婚届けにはフランス国籍と書いたし、Bebeちゃんの出生届けのときも父はフランス国籍と書いた。

ここでふと思ったのが、
「日本の役所書類にはフランス人と結婚してることになってるのに、もしBubuちゃんの出生届けに父親の国籍がデンマークって書いたらどうなるんだろう?手続き不備になるのでは?」

在デンマーク日本大使館へ聞いてみると、最初は配偶者がフランス国籍からデンマーク国籍になったと勘違いされてしまい、国籍変更届け(?)がいると言われてしまった。
焦った私は、なんとか説明していると、配偶者が2重国籍であることを伝え、「あー、そうなんですね。だったらフランスって書いて大丈夫ですよ。」と担当者の人が言ってくれた。

あーよかった。

出生証明書(デンマーク語)はBubuちゃんを取り上げてくれた助産師さんに書いてもらい、病院のスタンプも押してもらった。
それを私が日本語訳にして書いて出した。


9月24日に郵便(念のため書留)をCopainに出してもらい、2ヶ月後に日本にいる両親に戸籍謄本を確認してもらうと無事に登録されていた。

スムーズに出来てよかった。

web拍手 by FC2
テーマ:国際結婚
ジャンル:結婚・家庭生活
終わったーーーーーーー!!!!!!!!!

やったーーーーーーーー!!!!!!!!!

これで肩の荷がおりたーーーーーーー!!!!!!


デンマークに来てCPRナンバーを取得してから6ヶ月以内にテストを受ける必要がある配偶者ビザ(家族ビザ)。
テストのサンプルを聴いて最初は「わからん!」と思ってたけど学校に通うにつれだんだん分かるようになり、何度も練習して大体分かるようになっていった。

テスト会場までは長い道のりだったけど、まずはテストのことをメモすることに。
(私が受けたのは、2014年6月19日のDanskprøve A1)

会場はコペンハーゲン市内から離れた場所にある。
この建物のAの入口から入り、階段を登って左に曲がりまっすぐ進むと左側に指定された番号の部屋があった。
そこには既に受験者が他6名とそのパートナーが居た。(テストを受けられるのは一度に7名まで)
他の人と全然話さなかったのでわからないけどたぶんテストを受けた人はアジア人、アメリカ人、アフリカ人その他、、と思われる。
1人で来ていたアジア系の男の人は奥さんがデンマーク人なのかな~。

部屋の奥の方に係りの人が居て、その人にIDカード(Opholdstilladelse)を渡した。
必要なものはこのIDカードのみ。パスポートとかテストを申し込みしたときのメールとか他は要らなかった。
一枚の紙(名前とか番号とか印刷された紙)を渡され、テストを受ける場所でこれを机の上に置いててね、と言われた。

係りの人がジョークを交えながらテストの答え方の説明をしてくれた。
「答える時間は5秒間、コンピューター画面の絵が青い間に答えること。短くて大丈夫。例えば、「Ja/Nej(Yes/No)」とか「○○(名前だけ)」とか。
説明は要らないから簡単に答えること。例え間違っても5秒間の間に答えた最後の答えが受付られます。
受験者の99%が合格するから大丈夫。頑張って。

それから隣の部屋に向かってそれぞれ個室に入った。
ヘッドフォンとマイクのテストを係りの人がしてくれた。私の場合、外の音が聴こえない密閉性のあるヘッドフォンの音量が最大でも小さかったので別のヘッドフォンにしてもらった。ただし、これは隣の人の声が聞こえたけど。(係の人もそれは承知だったみたい)
チェックが終わって個室のドアを閉めて待っていた。
いつ始まるんだろうとボーッとしてたらいつの間にかコンピューターの画面が動き出しててテストの説明が始まっていた。
私は慌てて気持ちを切り替えてコンピューターに集中した。
緊張しててしばらく自分の鼓動が聞こえてた。

全部で20分。
テスト内容はサンプルとほとんど形式は一緒。
これさえやっておけば問題ない。

テスト終了してパートナーが待っている部屋に向かった。
結果は4週間以内に手紙で届く。
私はひっかけ問題がない限り、大丈夫と思うんだ~。

テストが終わってどこにも寄らずそのまま車に乗って帰路の道へ。
家に着いたのは18時前。
CopainママとBebeちゃんが家で遊んで待っていた。
私もCopainも疲れていた。
幸いにもBebeちゃんは夜中に1回起きたもののまたすぐ寝てくれたから私も眠れた。

これで後は出産に集中するだけだ~!


~テスト会場までの道のり~

朝はCopainと一緒にDagplejenまで行った。
8:30くらいにBebeちゃんを預けて(Dagplejenの人の風邪が治ったって連絡きたからよかった)、いざ出発。
事前にGoogleチェックして地図も準備した。
持っていったものも、水・お菓子・クッションなど念には念を。
この日は暑すぎず寒すぎず曇りでちょうどよかった。ただ風は強かったけど。
途中休憩も数回入れ、足と腰の疲れをとった。
テスト会場に着いたのは12時くらい。
お昼ご飯は近くにGlostrup shoppingcenterがあったからそこのカフェでハンバーガーを食べた。
ここは便利だった。2階の駐車場からビルに入るとすぐトイレもあったし、ランチなのに全然混んでないし。
ハンバーガーと一緒にアイスココアも飲んだんだけど、飲みすぎ?食べ過ぎ?みたいでテストの時間も時々ゲップが出そうになってしまった。(失礼
テストは13:30から。終わったのが14時過ぎくらい。
帰り道は逆風で行きより風が強く、橋を渡るときに車が揺れていた。怖かったよー。
橋はフィン島からシェラン島に渡るときにお金がかかり片道235kr。
(たった20分間のコンピューターテストのために、6時間も車を走らせ橋の交通費も470krかかって、しかもテスト費用も別途かかるし。改善してほしいもんだ。)

私たちが住んでるユーラン島からは3回ほど橋を渡る。
そのうちの一つがこんな橋。

DSC02703a.jpg



そうそう、テストはオンラインで申し込むんだけどコンピューターの時間設定に注意が必要。
パソコン画面右下に時計があると思うんだけど私たちのパソコンは日本時間に設定してある。
そのままオンライン申込をするとテストの時間も日本時間になってしまってた。
16:15-17:15
18:15-19:15
20:30-21:30
ってなってて私は「どうして夕方からしかテストが受けられないんだろう?」って思ってた。
でもこれは使ってるパソコンを日本時間に設定していたため。
本当の試験時間は、
9:15-10:15
11:15-12:15
13:30-14:30

私は知らずに16:15の時間を選んで申し込んだら申し込み後のメールに「予約を9:30に受け付けました」って書いてたからビックリして慌ててCopainに言って翌朝電話で時間変更してもらうようにお願いした。
どうやら係りの人もこういうケースが度々あるみたいですぐに時間変更してくれた。
そして時間変更した新しい時間帯のメールが届いていた。

とにもかくにも試験が終わって本当によかった。







web拍手 by FC2
テーマ:日々のこと
ジャンル:結婚・家庭生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
web拍手 by FC2